道民夫婦のマイルで楽しく

新婚旅行のため、陸マイル活動で得たANAマイルでヨーロッパ便ビジネスクラスを発券しました!

MENU

【2019年3月更新】「JALふるさとへ帰ろうクーポン」とは?発着空港と自治体毎の還元率一覧。JALふるさと納税でJGC修行にも。

f:id:douminmile:20171113191815p:plain

皆様は「ふるさと納税」、もう実践しておられますよね?

ふるさと納税といえば、簡単に言うと自己負担¥2,000で豪華な返礼品をゲットできる制度ですよね。個人レベルでは得することしかない、素晴らしい制度です。

そんなふるさと納税ですが、我が家が実際に申し込んだ、
JALふるさとへ帰ろうクーポンについてご紹介したいと思います!

こちらの制度を利用すれば、JAL国内線を利用する際に使えるクーポンを獲得することが出来るため、旅行や帰省で利用する航空券代を大きく節約することが可能です。

また、還元率はなんと最大45%と、数多のふるさと納税制度の中でもトップクラスの還元率を誇る制度となっております!

更に更に、実際にJAL便に搭乗した際のフライトマイルやFOP(FLY ON ポイント)も獲得できるとあって、大変素晴らしい制度となっております! 

JALふるさとへ帰ろうクーポンとは? 

f:id:douminmile:20180801130208j:plain

「JALふるさとへ帰ろうクーポン」とは、ふるさと納税の返礼品として、「対象の空港に発着するJAL便の航空券に使えるクーポン」がもらえるものになります。

 

ふるさと納税制度を利用した際、各自治体からの返礼品としてよくあるものとして、であったりであったりと、地方の特産品などが貰えるケースが多いですよね。

 

それに対し、「JALふるさとへ帰ろうクーポン」を申し込んだ場合には、返礼品として貰う米や肉の代わりに「対象空港発着JAL便のクーポン」を獲得することが出来る、というイメージですね。

 

本ふるさと納税制度につきましては、以下のJALの公式ページからサービス内容を確認することができます。

JALふるさとへ帰ろうクーポン ご利用方法 - JAL

利用条件

以下、本クーポンの利用条件を確認していきます。

①納税者本人が搭乗する必要あり

寄附(納税)者ご本人様および、ご本人様と同行する方(複数名可)
寄附(納税)者ご本人が同行しない場合は利用不可。

本クーポンを利用する場合、納税者本人が搭乗する必要があります。本人さえいればOKなので、同行者と一緒の旅行などにも利用することが出来ます。

②発券後はキャンセル不可

航空券発券後の変更(氏名・性別の変更を含む)や取り消しは承れませんのでご注意ください。

本クーポンを利用して航空券を発券した後のタイミングでは、キャンセルや変更をすることが出来なくなります。旅行当日は体調を万全にして空港に向かいましょう。

天候等による欠航の場合は航空会社と航空券を手配したJTB側の判断によります。以前私のクーポン利用の予約便が天候によって欠航となった時には、クーポン返却&返金という形でご対応いただきました。

③クーポン券面額よりも安い航空券合計料金にはクーポン適用不可

航空券代金合計がクーポンの券面額を下回る場合は、クーポンのご利用が出来ませんの でご注意ください。(航空券代金合計額より少なめのクーポン取得をお勧め致します。)

これは具体的に、利用したいJAL国内線が2万円だったとして、それ以上の券面額のクーポンを利用することはできない、というものです。要するにクーポンだけで全てを賄う使い方はできないということですね。

クーポンと航空券合計料金の差額が少しでも発生すれば利用できるので、よほど安い路線でないと発生しないケースかと思います。

【実体験】46,000円分のJAL国内線航空券がタダになりました!

我が家では、実際に以下の自治体に寄付を行い、合計で46,000円分のJAL国内線航空券代金を節約することが出来ました。

①2017年分のふるさと納税として、関西空港発着便に使えるクーポンを獲得出来る、奈良県曽爾村に40,000円寄付

②2018年分のふるさと納税として、九州全域の空港発着便に使えるクーポンを獲得できる、鹿児島県南大隅町に40,000円の寄付。

※上記の奈良県曽爾村、鹿児島県南大隅町のクーポンは、ともに2018年7月31日をもって終了しております。

f:id:douminmile:20180611114536p:plain

上記の通り、奈良県曽爾村では10,000円の寄付につき、関西空港発着のJAL便で利用できる6,500円分のクーポンが貰えます。2017年度分のふるさと納税として40,000円の寄付をしましたので、26,000円分のクーポンを貰いました。

ふるさと納税制度を利用していますので、寄付した40,000円の内、自己負担は2,000円となり、38,000円は翌年の税金から控除となります。

 

そのため結果として、我が家の場合は2017年度のふるさと納税を活用し、2,000円を支払って26,000円のクーポンを手に入れた、という形となります。

 

私はこの26,000円分のクーポンを利用し、新千歳空港⇔関西空港の往復航空券を購入しました。購入した航空券はマイルやFOPも貯まるので、JGC修行に活用しています。

実際の搭乗の様子はこちら。通常の航空券と同様にクラスや座席指定も可能ですので、この時はクラスJの料金でファーストクラスの座席を利用してのフライトとなりました。

www.douminmile.com

また、翌2018年度のふるさと納税では、こちらの鹿児島県南大隅町に40,000円の納税を行いました。

f:id:douminmile:20180801131556p:plain

こちらでは10,000円の納税につき6,000円分のクーポンがもらえます。2018年度も同様に40,000円の寄付を行い、獲得したクーポンは24,000円分。自己負担は2,000円となりました。

2017年のクーポン、2018年のクーポンは、どちらも2018年に行っているJGC修行で使う航空券代に使用しました。

クーポンは1年間有効なため、次年度までクーポンを温存しておくことが可能なんですよね。これは本クーポンが持つ大きなメリットの一つです!

ということで、締めて46,000円分のJAL国内線航空券代がタダになったということになりました!もっと年収が高い方であれば、更にお得になりますね!

【2019年3月1日更新】対象発着空港と寄付先の自治体一覧

対象の空港はJALふるさとへ帰ろうクーポンのJALホームページにて、分かり易い地図形式で掲載されています。

f:id:douminmile:20181001102014p:plain

画像引用元:JALふるさとへ帰ろうクーポン ご利用方法 - JAL

まれにですが、JALふるさとへ帰ろうクーポンのJALホームページからは確認することができない自治体があることがあります。

そのような自治体はふるさと納税サイトの「JTBふるぽ」のホームページから確認が出来ます。

JTBのふるさと納税ポータルサイト「ふるぽ」ポイントを特産品・旅行へ | ふるさと納税サイト [ふるぽ]

本ブログでは昨年から本クーポンの動向を見てきましたが、クーポンの還元率に関しては少なくなっている傾向にあります。ふるさと納税に対する風当たりは年々強くなっているように感じます。

これらの自治体や還元率は不定期に変動していますので、こまめにチェックし、更新をしていこうと思います。

 

以下に「JALふるさとへ帰ろうクーポン」発着空港と寄付先の自治体、更新時の還元率を表にまとめました。ご参照ください。(2018年3月1日更新)

なお、こちらの制度は予告なしで突然終了したり、還元率が変更となる場合があります。最新の情報は公式ページよりご確認ください。

発着空港名

寄付先自治体名

寄付金額(円)

もらえるクーポン(点)=(円)

還元率

 
 

利尻空港

北海道利尻富士町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

旭川空港

北海道旭川市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

北海道東神楽町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

新千歳空港

北海道千歳市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

秋田空港

秋田県秋田市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

山形空港

山形県東根氏

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

小松空港

石川県志賀町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

石川県小松市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

小牧空港

静岡県藤枝市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

静岡空港

静岡県藤枝市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

中部空港

愛知県大府市

10,000

4,000

40%

 

50,000

22,500

45%

 

静岡県藤枝市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

但馬空港※1

兵庫県豊岡市

10,000

2,000

20%

 

50,000

13,500

27%

 

南紀白浜空港

和歌山県白浜町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

広島空港

広島県三原市

10,000

2,000

20%

 

50,000

13,500

27%

 

高知空港

高知県芸西村

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

北九州空港

福岡県みやこ町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

福岡県赤村

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

福岡県大任町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

福岡空港

福岡県みやこ町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

福岡県赤村

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

福岡県大任町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

福岡県糸島市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

長崎空港

長崎県長崎市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

大分空港

大分県日出町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

熊本空港

熊本県阿蘇市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

熊本県南小国町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

鹿児島空港

鹿児島県和泊町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

屋久島空港

鹿児島県屋久島町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

沖永良部空港

鹿児島県和泊町

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

与論空港※3

鹿児島県与論町

7,500

3,000

40%

 

37,500

15,000

40%

 

那覇空港

沖縄県恩納村

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

沖縄県豊見城市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

沖縄県宜野湾市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

宮古島空港

沖縄県宮古島市

10,000

3,000

30%

 

備考 

※1:兵庫県豊岡市(コウノトリ但馬空港発着便)では、大阪伊丹空港⇔コウノウトリ但馬空港間のみの利用ができません。

※2:与論空港のみ、なぜか1クーポン当たり7,500円と中途半端な金額になっています。寄付は最小で5,000円から1,000円単位での寄付となるため、端数が出ないように15,000円単位に調整した金額で寄付を行うと無駄がありません。

鹿児島内全域の空港、沖縄県内全域の空港では、以下の自治体にて制度が組まれています。便宜上、表を分けて掲載しました。

発着空港名

寄付先自治体名

寄付金額(円)

もらえるクーポン(点)=(円)

還元率

 
 

沖縄県内の空港

沖縄県多良間村

10,000

3,000

30%

 

鹿児島県・沖縄県内の空港

鹿児島県奄美市

10,000

3,000

30%

 

50,000

15,000

30%

 

一覧表から読み取れるポイントをまとめます。  

・同一の空港であっても、寄付先の自治体によっては還元率が異なる場合がある。(当然、還元率の高い自治体に寄付したほうが経済的に合理的)

・一部の自治体では、50,000円単位で寄付をすると還元率が高くなる

・最高還元率は45%(愛知県大府市)こちらのクーポンでは中部空港発着時に利用できます。

おわりに

本記事では、JALふるさとへ帰ろうクーポンとは何か?ということについてご紹介しました。最高の還元率が45%と、数多あるふるさと納税制度の中でもトップクラスの還元率を誇るサービスです!

このクーポンを利用した航空券であっても、マイルやFOPは通常の航空券と同様に貯まります。すなわち、JGC修行にも最大限活用出来るサービスですね。私も実際に、JGC修行にはこちらのクーポンを利用して航空券代を節約することが出来ました。

旅行やふるさとへの帰省にももってこいのサービスですが、ふるさと納税の還元率に対しては、年々条件が厳しくなっていく傾向にあります。

特にも還元率を高く設定していた自治体は続々とこちらの制度からは撤退してしまっている状況が見られますので、条件の良い自治体に対してはお早目の検討をお勧めします。

こちらのクーポンは、納税者が直接ふるさとへ出向く機会を少しでも増やすことが出来る制度ですし、なんとか高い還元率のまま存続してもらえるといいな~と思います。

実際の申し込みの様子

さて、具体的にどのように申し込みを行うか?ということについては、以下の過去記事にてご紹介をしています。我が家が実際に申し込んだ、「JALふるさとへ帰ろうクーポン」の様子は、以下の記事にてまとめています。

自治体への寄付」「航空券の予約」と、大きく分けて2つのステップを踏む必要があります。それぞれについては以下記事をご参照ください。

www.douminmile.com

www.douminmile.com