道民夫婦のマイルで楽しく

ハネムーンを目指してマイルを貯めます。今年はJGC修行もやるぞ!

スポンサーリンク

札幌発着でのJGC修行を考える【FOP/SINタッチ編】OKA-SINならぬCTS-SINはどうだ?調べてみたらそこそこいい感じでした。

f:id:douminmile:20180206130556j:plain

 過去には国内線の場合に絞り、以下のように札幌発着から考える、「回数修行」と「FOP修行」のそれぞれについて考察をしてきました。 

douminmile.hatenablog.com

douminmile.hatenablog.com

OKA-SINタッチのいいところ


さて、巷で有名なJGC/SFC修行ルートであるOKA-SINタッチ修行。JGC修行を控える身として情報収集をしていく中で、幾度となく目に入ってきますよね。 

東京沖縄東京シンガポール東京沖縄東京
という大変なルートを巡るわけですが、

・東南アジアはFOP積算率が1.5倍となる
・国際線の国内区間はマイル加算が100%となる
・東京-沖縄間がそもそも効率が良い修行ルート
・運賃が比較的安価、便数も多い

 といった具合に、好条件が噛み合った素晴らしい修行ルートですよね。


しかし、ここは札幌。東京―沖縄という黄金の修行路線は使いづらいのです。

もし上のOKA―SIN修行を札幌から決行した場合、東京もしくは沖縄での1泊は避けられないものになります。
ということで、上記のOKA―SINのノウハウを応用し、札幌発着のCTS―SINを考えてみました。 

 ①.そのままCTS-SIN

f:id:douminmile:20171116202628j:plain

まず考察するフライトは、札幌→東京シンガポール東京→札幌

という、前後に往復の国内線を使わないパターンです。札幌から普通にシンガポール旅行に行く際は、このようなルートになりますね。
実際にフライトを検索してみましょう。

フライトのスケジュールは

2泊3日で考えた場合、予約画面では以下のような選択肢がありました。

 

行き

f:id:douminmile:20171116190843p:plain

帰り

f:id:douminmile:20171116190916p:plain

帰りは+¥5,000で夜発の車中泊もできます。どちらのルートも、無理なくこなせそうですね。

価格はどうか

今回選択した最安値のフライトは、税金や燃油関連を加えた総額が、往復で¥64,600となりました。※燃油関連の費用は順次変動しますね。

 f:id:douminmile:20171116190953p:plain

獲得FOPは

札幌⇔東京の乗り継ぎ区間

まず、最初と最後の札幌⇔東京のフライトについては、アップグレードはしないものとすると、

f:id:douminmile:20171116191312p:plain

往復で、1,420×2=2,840FOP 

東京⇔シンガポール区間

また、東京⇔シンガポールも同様に計算すると、

f:id:douminmile:20171116191348p:plain

往復で、2,884×2=5,768FOP

総獲得FOPは

よってこのCTS-SINタッチ修行一回で獲得できるFOPは、

2,840+5,768=8,608FOPということになります。

FOP単価は

すなわち、この旅程でのFOP単価は、宿泊費などの細かい支出は除くと、

64,600円/8,608FOP=7.50円/FOPということになります!

②.FUK(福岡)を経由するCTS-SIN

f:id:douminmile:20171116202729j:plain

次に考察するフライトは
札幌→福岡東京シンガポール東京福岡→札幌 です。

 今回は、最初と最後の札幌⇔福岡を国内航空券として予約をする形となります。

フライトのスケジュールは

国際線区間(福岡→東京→シンガポール→東京→福岡)

2泊3日で考えた場合、国際線部分の予約画面では以下のような選択肢がありました。
そのままのCTS-SINとは異なり、行きも帰りも機内泊必至です。

行き

f:id:douminmile:20171116191656p:plain

帰り

f:id:douminmile:20171116191714p:plain

f:id:douminmile:20171116191722p:plain

国内線区間(札幌⇔福岡)

 最初と最後の札幌⇔福岡について、JALではそれぞれ1日2便ずつ運航しています。

行きの札幌→福岡はどちらの便でもOK、帰りの福岡→札幌は国際線区間の選択によります。 

行き

f:id:douminmile:20171116191929p:plain

帰り

 

f:id:douminmile:20171116191940p:plain

価格はどうか

国際線発券区間

今回選択した最安値の国際線区間のフライトは、税金や燃油関連を加えた総額が、前者と同様、往復で¥64,600となりました。

f:id:douminmile:20171116192004p:plain

国内線発券区間

また、国内線区間のフライトについて、上記のウルトラ先得の最安値で予約をした場合、往復で¥19,800となります。

総額は

よって、航空機料金のみの総額は、往復で

¥64,600+\19,800=¥84,400 となりました。 

獲得FOPは

前者と同様に、アップグレードは考えないものとします。 

札幌⇔福岡間

・国内線発券の札幌⇔福岡間は、以下リンクで計算をしておりました。

www.douminmile.com
往復で1,324×2=2,468FOPとなります。 

福岡⇔東京の乗り継ぎ区間

f:id:douminmile:20171116192312p:plain

往復で、1,534×2=3,068FOP となります。

東京シンガポール

往復で、2,884×2=5,768FOP となります。

総獲得FOPは

よって、この福岡経由のCTS-SINタッチ修行一回で獲得できるFOPは、

2,468+3,068+5,768=11,304FOPということになります。

FOP単価は

すなわち、この旅程でのFOP単価は、宿泊費などの細かい支出は除くと、
¥84,040/11,304FOP=7.43円/FOPということになります!

おまけ:東京に前日入りする場合

JGC修行の国内線での考察の際、札幌⇔東京間はFOP単価が高くて修行効率は悪い、ということを述べました。 

もし、札幌から東京に前日入りをして、翌日にOKA-SINを決行した場合はどうなるのでしょうか。 

簡単に2017年のOKA-SINを検索して調べたところ、96,510円で得られるFOPが13,848FOP、FOP単価が、6.96円/FOP とのことです。※自分では計算しておりません。申し訳ないです。 

 

もし、羽田に前日入りをした場合、新千歳―羽田 が先得で往復¥20,000、獲得するFOPが1,532FOPですので、

前日入りの宿泊費を無視して計算をしても、

116,510円/15,380FOP=7.57円/FOPとなります。なかなかシビアですね。

所感

本記事では、札幌発着でOKA-SIN修行のような修行は出来ないものか、考えてみました。 我が家は①の単純なシンガポール旅行は有力候補ですね。無理なく、楽しい普通の旅行になりそうです!


本日は以上です。ご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が誰かのお役に立てましたら幸いです。

スポンサーリンク