道民夫婦のマイルで楽しく

ハネムーンを目指してマイルを貯めます。今年はJGC修行もやるぞ!

MENU

【寒冷地問題】新千歳空港発着のJAL便冬の欠航率を調べてみた

f:id:douminmile:20171028201629p:plain

北国である札幌の新千歳空港で、冬の期間に心配されることと言えば、何と言っても「フライトの欠航」ですよね。

冬に新千歳空港を利用される方にとっては、雪の影響ではどれほどフライトが欠航になるのか?ということが気になりますよね。

そこで本記事では、「冬季における新千歳空港のJAL便の欠航率」を実際に調べてみましたので、報告をしたいと思います。

背景①寒冷地の冬のフライトはリスキー?

例年冬になると、札幌のような寒冷地では天候の悪化により、度々航空機が欠航となることがありますよね。 いくら航空機といえど、自然には抗えません。 

多くの便が欠航となった日には、空港で途方に暮れる方々のニュースが流れます。旅程が成り立たなくなったり、大切な人に会えなくなったりと、欠航というのは詮無きことですが、本当に悲しいものです。 

背景②JGC修行に冬季は外せない

航空機は年明け~2月の間は所謂ローシーズンとなります。期間中は搭乗率が低下するとともに、料金も安くなる傾向にあります。 

しかしそんなとき、我々修行僧がこぞって座席の予約を狙っているのです。FOP単価が下がり、修行費用を抑えることが出来ますからね。 


以上の背景から、「新千歳空港発着便の冬の欠航率」を調べてみることにしました。

 検索して調べてはみたのですが、ヒットしなかったため、自分で計算してみようということになりました。  

本記事での欠航率計算方法

条件は以下の通りとします。 

①JAL便国内線のみ計算対象とします。下記公式ホームページより、情報が公開されています。

www.jal.com


②2016年12月~2017年2月の各月の欠航率を算出します。
③増便、減便も計算に反映させます。
④コードシェアのFDA便も加味します。
⑤天候以外の要因による欠航も加味します。
⑥発地への引き返し便、別空港への着陸の場合なども、欠航として計算します。
⑦当月の新千歳空港発着JAL便における、(欠航便数)/(全フライト数)を「欠航率」とします。 

計算結果!

2016年12月の場合

新千歳空港発着のJAL便全フライト数:3472/月
内欠航フライト数:330

よって、2016年12月の新千歳空港発着JAL便の欠航率は、330/3472=0.0950

9.5%

2017年1月の場合

新千歳空港発着のJAL便全フライト数:3472/月
内欠航フライト数:153

よって、2017年1月の新千歳空港発着JAL便の欠航率は、153/3472=0.044

4.4%

2017年2月の場合

新千歳空港発着のJAL便全フライト数:3192/月
内欠航フライト数:61

よって、2017年2月の新千歳空港発着JAL便の欠航率は、61/3192=0.019

1.9%

2016-2017年の冬季トータル欠航率は?

以上の3ヶ月分で考える、「新千歳空港発着のJAL便冬の欠航率」は
5.4%という結果となりました!

※2017年12月~2018年2月の冬期間について、上記のホームページからは2017年4月以降のフライト詳細情報が公開されていないため、計算が出来ておりません。

まとめ

本記事では、冬季における新千歳空港発着の欠航率を調べてみました。この5.4%という数字が高いのか低いのかは受け手次第というところですが、冬の新千歳空港での除雪作業には毎年感服させられます。

今回はJAL便に絞って計算してみましたが、ANA便でもおおよそ同じような結果となるのではないでしょうか。 

以上、ご参考いただけると幸いです。

関連記事

札幌発着でのJGC修行に関しましては、以下の記事をご参照ください。 

douminmile.hatenablog.com

douminmile.hatenablog.com