道民夫婦のマイルで楽しく

ハネムーンを目指してマイルを貯めます。今年はJGC修行もやるぞ!

MENU

auのiPhone8 256GBを約2万円で購入!MNP収支報告書!

f:id:douminmile:20180322103007j:plain

auへのMNPで、iPhone8 256GBを契約してきました!auから一括での購入をしたため、直ぐにSIMロックを解除し、格安SIMを挿して使い始めました!

今回のMNPでは、Apple Storeで9万円を超えるiPhone8を、トータルで2万円で購入することが出来ました!

本記事では、その契約内容等をご紹介いたします!

まえがき

MNP前は、私のメインスマホはiPhone5sでした。auで契約をしてから、かれこれ3年くらい経っています。途中、格安SIMの存在に気が付き、2年契約後に解約し、格安simであるmineoのsimを差して運用してきました。

www.douminmile.com

仕事で電話を使わない私にとっては、格安SIMの台頭は非常に喜ばしいことでしたね。それまでキャリアに支払ってきた月7000円とは一体何だったのかと思います。

そろそろ新しい機種に変えたい

3年使ってきたiPhone5sですが、やはり最近は動作の遅さが気になるようになってきました。何をするにしてもワンテンポ遅く感じますし、アプリによってはしょっちゅう落ちてしまいます。重めの動作を要求するとすぐに熱くなりますし、何よりもバッテリーの劣化が激しいです。

流石にスマホを弄っていてもあまり面白くなくなってきたので、そろそろ新しい機種を!と考えているところなのです。

考えている機種としては、やはり店舗でのApple payが使えるiPhone8が私には丁度良さそうです。iPhone7でも良いっちゃ良いのですが、本体背面のデザインが8の方が好きなので、こっちが良いですね。スマホケースつけない派の私にとっては、そこ重要です。

格安simが一番安いとも限らない

今までは、「AppleからSIMフリー版iPhoneを買って、格安SIMを挿して使う」というのが一番安い運用方法なのではという勝手な思い込みをしていたのですが、そうとも限らないんですよね。

iPhone8に関しては、大手キャリア3社がMNPによる大幅な割引キャンペーンを行っているということもありますね。今回、もにもにた様の記事を参考にさせていただき、衝撃を受けました。調べてみると、SIMフリー版を購入するよりも、こちらの方が安く済みそうです。

ただし、これらのキャンペーンの情報というのは、各ショップ毎に変わってくる上、インターネットで検索したり、SNSからで探したりしても、割引キャンペーンの詳細までは確認することができません。この辺りは大人の事情なのでしょうか。

MNPに関する店舗毎のキャンペーンの情報というは、ざっくりとした情報は店舗のSNSに掲載されることもありますが、基本的にその詳細については「直接店舗に行って聞く」か、「電話で聞く」という手段を取る他ありません。

私もここ数週間、店舗のキャンペーンを仕事からの帰りがけにチェックしたり、twitterでキャンペーンがあると打ち出している店舗に電話で詳細を確認したりと、よりお得にMNP出来る案件を模索しておりました。

本記事では、自分なりに市内を探してみた結果ということで、以下に記録をしておこうと思います。

なお、値引きのお願い等、踏みいった交渉などは行っておりません。あくまで店舗側の条件のみです。

MNPの事前準備・用意したもの

今回の契約にあたり、以下の事前準備を行いました。

①転出元となる回線

②下取り端末

③クーポン

④auひかりの電話契約

 以下、それぞれについてご説明します。

① 転出元となる回線

事前の準備として、MNP元となる回線を用意しました。今回は、現在メインで利用しているmineoのsimではなく、別の回線を改めて用意をしました。まだmineoの音声通話simの1年縛りが解けていないため、このタイミングでのMNP転出は12,420円の高額な転出手数料がかかってしまい、勿体無いですからね。

今回はMNP元となる回線を用意するためだけに「b-mobile 音声通話sim」を契約し、その月にMNP転出を行うという手法で、MNP元の回線としました。

こちらは現在、格安simで唯一の「短期で解約しても高額な手数料が発生しない音声通話sim」となっており、トータルで8,272円をコストに、MNP転出元の回線を用意しました。こちらに関しても、もにもにた様の解説を参考にいたしました。

f:id:douminmile:20180323000158j:plain

MNP予約番号の発行のためには到着したb-mobile simで通信をした実績を残さないといけないため、一時的に妻のsimフリー版iPhone SEを使用して通信を行い、MNP転出手続きをして、準備OKです。

今となっては後の祭りですが、3月頭から開催されていたというOCNモバイルワンのhonor9セットがなかなかお得だったようで、こちらの契約による転出元回線という手段でも良かったですね。気づくのが遅れました。

② 下取り端末

また、「au下取りプログラム」を利用するための下取り端末を用意しました。こちらも現在使用しているiPhone5sではなく、別途で用意をしました。

というのも、私のiPhone5sは元々auで契約をしたものであるため、auへのMNPに際しての下取り端末としては使用できないんですよね。

auのホームページを見ると、こちらの項目にあるような「その他キャリアスマホ」では8,640円が提示されています。ホームページの表に乗っていないスマホは、一律で8,640円となるようです。

f:id:douminmile:20180322103336p:plain

また、同ホームページに記載されている、下取り端末としての取り扱いが出来ない条件は以下の通りとなります。

1. 電源が入らない
2. 充電を行っても充電ランプが点灯しない
3. 暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
4. 水濡れシールに水濡れ反応がある
5. 製造番号が確認できない、改造等メーカーの保証外となるような場合
6. ご契約者が下取り対象機種の所有権を有さない端末
7. ネットワーク利用制限(不正契約・不正取得端末利用制限)されている端末(各社「ネットワーク利用制限」ホームページより確認可能)

ということで、以上の条件に引っ掛からないような端末を、中古で安く探すことにしました。

ヤフオクやメルカリといった手段もありますが、細かい点をしっかり確認するために、今回は札幌近郊のスマホ中古販売店で探すことにしました。

で、購入した端末はこれ。

f:id:douminmile:20180322103726p:plain

softbankのDIGNOですね。中古ショップの店頭で外観や水濡れシールや端末のネットワーク利用の状況など、一通り確認が出来ましたので安心して購入出来ました。

金額は税込み1,825円でした。これで8,640円の値引きが可能となります!

③ クーポン

また、自宅の固定回線がauひかりということで、自宅にこういったクーポンが届いておりました。こちらを使うことにより、au WALLET プリペイドカードにチャージという形で還元を受けることが出来ます。

f:id:douminmile:20180322103748p:plain

クーポンの取得条件や時期は不明なのですが、これの他にも持っているJAL VISAカードからもクーポンが取得出来ますし、ネットで検索してみると色々とクーポンがあるようですね。ヤフオク等にもクーポンが沢山出品されています。

f:id:douminmile:20180402093716p:plain

④ auひかりの電話契約

今回の条件として、「auスマートバリューへの加入」というものがありましたので、自宅のauひかりの回線に、あらかじめ電話を追加しておきました。

それまではネットだけという契約だったのですが、割引のため、電話回線追加による月あたり+500円は我慢ですね。その代わり、契約したauのsimには5分間のかけ放題が付き、地味に便利です。

店舗での契約内容

私が利用した店舗では、auのiPhone8の64GBが一括で7,200円、256GBで14,640円というものでした。私は後述するクーポンのキャッシュバック金額を考慮して、256GBを選択しました。

5分かけ放題、auピタットプランで契約、データ通信を月に1GBに抑え、ビッグニュースキャンペーンの適用で月の支払い金額は2,140円となります。

キャッシュバックと割引

今回私が契約をしてきたiPhone8の256GB一台について、上記の一括14,640円から、以下の割引およびキャッシュバックが適用となります。なお、クーポンでのチャージ金額は64GBの場合500円、256GBの場合は10,000円ということでしたので、迷わず256GBを選択しました。

① 下取りによる端末代値引き8,640円
② auデビュープログラム10,000円auWALLETにチャージ
③ クーポンで10,000円auWALLETにチャージ

収支報告

以上から、今回の契約の収支としては以下の通りとなります。全部税込みです。

支払った(これから支払う)お金

・転出元回線契約:8,272円
・下取り用端末:1,825円
・端末の一括価格:6,000円
・初月使用料:4,696円(事務手数料込み、日割り計算)
・2~5か月分の使用料:8,560円
・契約解除料:10,260円

合計:39,163円

戻ってきたお金(いずれもauWALLETにチャージ)

・auデビュープログラム:10,000円分
・クーポン:10,000円分

合計:20,000円分

すなわち、差し引きたったの19,163円で、「iPhone8 256GB」が手に入ったというわけです!

今回は一括契約のため、購入後直ぐに「simロックの解除」を行うことが出来ます。そのためsimロック解除後、現在契約中の格安simを挿して普段使いする予定です。

手元に残っているauのsimですが、データ通信料は1GBに抑えつつ、スーパーカケホによる「5分間のかけ放題」がついていますので、対応する端末に挿して、解約までの期間は電話を掛けるときなどに使用したいと思っています。

余談:mineoのsim交換に2,598円かかった

持ち帰ったiPhoneに、早速mineoのsimを挿して通信を試みたのですが、何度やっても圏外で、うまくいきませんでした。自力では原因が分からなかったため、mineo様に問い合わせたところ、simの交換が必要という事態になりました。

au系のsimには「au VoLTE対応のもの」「非対応のもの」と2種類あるのですが、iPhone8、およびXは前者のsimしか使用できなくなったのです。

それまで使用していたau通信網のmineoのsimはiPhone5sで使用していたものなのですが、iPhone5sは先ほどとは逆に「VoLTE非対応sim」でないと通信ができないため、契約していたsimを交換しないといけません。mineoでは、simの交換には2,598円がかかります。幸い、simの交換に当たっては電話番号の変更はないとのことで、安心しました。

まとめ:格安simで思考停止も良くないことが分かった

今回、自分が出来る範囲で、出来るだけお得な方法を追求して新しいiPhoneを手に入れました。それまでは「とりあえず格安simを契約して、simフリー版iPhoneは別で買うのが一番安い」という思い込みとともに、思考停止の状態に陥っていました。

格安simは料金形態が非常に単純で分かり易く、本体さえあれば維持費も文字通り格安なため、非常に有用であるということは間違い無いのです。しかし私はそれで安心してしまい、他の選択肢を考えるということが面倒になってしまった面がありました。

複雑なスマホの料金形態ですが、これからも勉強していこうと思います。