道民夫婦のマイルで楽しく

ハネムーンを目指してマイルを貯めます。今年はJGC修行もやるぞ!

MENU

大河ドラマファン必見!岩手県の「えさし藤原の郷」でロケ地巡り!フォトスポット満載で大人も子供も楽しめる!

f:id:douminmile:20180816170354j:plain

岩手県奥州市にある「えさし藤原の郷(さと)」という平安時代テーマパークに行ってきました!

こちらはNHK大河ドラマをはじめとする、沢山の映像作品のロケ地としても有名な観光スポットです。

本記事では、園内の様子や体験したアクティビティ等、ご紹介したいと思います。

えさし藤原の郷はこんなところ!

f:id:douminmile:20180816170908j:plain

えさし藤原の郷(さと)」は、平安時代に東北地方で力を持っていた「奥州藤原氏」にゆかりのある岩手県奥州市に作られた、大規模なオープンセットとなっております。

開園は1993年で、同年に放送されていたNHK大河ドラマの「炎(ほむら)立つ」の撮影のために作られました。

撮影終了後も存続できるよう、歴史公園として整備がなされ、今日に至ります。

主にNHKの大河ドラマのロケ地として、本テーマパークは度々撮影に使用されています。

ロケ地として使われた作品を一部抜粋すると、

「真田丸」「軍司官兵衛」「龍馬伝」「義経」「天地人」「陰陽師」「利家とまつ」「炎立つ」「おんな城主 直虎」「風林火山」「北条時宗」「毛利元就」「秀吉」etc・・・

と、実に沢山の作品がロケ地として撮影を行っています。NHKの大河ドラマで言うと、おおよそ2作品のうち1つのペースでロケが行われていますね。

なんでも、平安時代の建築群が再現されたテーマパークというのは、日本でここだけなのです。なるほど、それはもう多くの作品のロケ地になるわけですよね!

撮影が行われていない時でも、園内の散策や、イベントで芸人さんやアーティストの方々がいらっしゃるなど、多くの観光客で賑わう観光スポットとなっております。

えさし藤原の郷に行ってきた!

夏休みの休暇を利用して、実際にえさし藤原の郷に行って参りました!以下、その様子をお届けします。

アクセスは車がマスト!

f:id:douminmile:20180816171331p:plain

「えさし藤原の郷」へのアクセスですが、公式サイトに親切な案内があります。

営業案内アクセス | 歴史公園えさし藤原の郷

最寄りの空港は「いわて花巻空港」で、そこからは車で50分程度。空港でレンタカーを借りましょう。

JRの東北本線、東北新幹線では、最寄り駅はそれぞれ「水沢駅」「水沢江差駅」となります。

こちらの場合は駅からの路線バスがあるため、車を運転せずとも訪問可能です。

諸々の小回りを考慮すると、やはり車での訪問がオススメですね。

営業時間・入場料金

f:id:douminmile:20180816174319j:plain

営業時間は9:00~17:00、なんと年中無休です。さらに、ロケによる撮影が行われている間は、撮影風景の見学も自由です(その代わり、見学できる施設や撮影などが制限される場合があります)ロケ風景の見学が出来ればラッキーですね!

ロケ情報 | 歴史公園えさし藤原の郷

入場料金は大人800円、子供300円が基本となっており、団体入場料金や障がい者料金など、各種割引もあります。上記写真の入り口近くの窓口でチケットを購入することが出来ます。

営業案内アクセス | 歴史公園えさし藤原の郷

園内の様子

園内に入ると、このような平安風情溢れる建物、街並みが至るところにあります!大河ドラマに詳しい方であれば、ここは!というロケ地があるかもしれませんね。

f:id:douminmile:20180816174907j:plainf:id:douminmile:20180816171705j:plain

f:id:douminmile:20180816171712j:plainf:id:douminmile:20180816171724j:plain

f:id:douminmile:20180816172108j:plain

 

こちらの政庁は「陰陽師」のクライマックスが有名でしょうかね。ここ以外にも陰陽師では園内の施設が屋内を含め、沢山使われています。

f:id:douminmile:20180816172136j:plain

f:id:douminmile:20180816172146j:plain

室内もロケ地

建物の外観は上記の通りですが、その室内も撮影に沢山使われています。また、室内用の展示も至る所に設置されています。

f:id:douminmile:20180816172837j:plain

f:id:douminmile:20180816172929j:plainf:id:douminmile:20180816172907j:plain

f:id:douminmile:20180816172921j:plainf:id:douminmile:20180816173134p:plain

 

また、室内の一部のスペースでは甲冑や十二単などの衣装を着て写真撮影をすることが出来ます。私たちが体験したように、簡単なものは無料で撮影可能です。

それとは別に、有料でちゃんとした正式な衣装を体験できるサービスもありますよ。

f:id:douminmile:20180816173839j:plainf:id:douminmile:20180816173848j:plain

私たちが訪問した際も、正式な十二単を着てウェディングフォトらしき撮影をしている方々を見かけました。確かに、こういった撮影にはもってこいの施設ですよね。

フォトアルバム|着付体験|歴史公園えさし藤原の郷 | 平泉の原点はこの地にある…

子供も楽しいお楽しみ満載

タイミングによっては、子連れでも楽しめるようなイベントも開催されています。私たちが訪問した際には、ウルトラシリーズのイベントが開催されていました。

f:id:douminmile:20180816172226j:plainf:id:douminmile:20180816172243j:plain

過去には「アンパンマン」「妖怪ウォッチ」「お化け屋敷」などなど、平安時代の設定にはそれほど縛られることなく、様々なイベントが開催されています。

園内の風景は子供にとっては渋い内容とも言えるため、こうしたイベントがあると子連れでも訪問し易くなって良いですね。

砂金取り体験

f:id:douminmile:20180816174246j:plain

砂金取りも実際に体験してきました。水中の砂利の中から砂金を探します。当日は熱かったですが、冷たい水が気持ち良く、砂金探しに精が出ました。

f:id:douminmile:20180816174553j:plain

制限時間の10分内で見つかった砂金は、カードに張り付けて持ち帰ることが出来ます。1回500円。今回は4粒ゲットしました。スタッフによるレクチャーや練習もあるため、子供でも簡単に取ることが出来ます。

トリックアートもあるぞ

f:id:douminmile:20180816174614j:plain

園内には「トリックアート平安の館」という施設があり、建物内ではトリックアート写真を撮って楽しむことが出来ます。

我々が訪問した際はそれほど混雑していませんでしたので、思う存分に演技することが出来ました。人が多い時だと、恥じらいで良い写真撮るの難しいですよねこれ。

f:id:douminmile:20180816174637p:plain

まとめ:今回ご紹介したのは園内のほんの一部です

今回ご紹介した「えさし藤原の郷」の園内ですが、実は下記の園内マップで言うところの、赤枠で示したほんの一部に過ぎません。

f:id:douminmile:20180816174711j:plain

園内マップにもあるように、じっくりと園内全部を散策するのであれば2時間は必要です。

今回、私たちは園内の一部しか回っていないにも関わらず、3時間ほど楽しんでしまい、タイムオーバーとなりました。それだけ、園内の体験型の施設が充実していましたということでしょうかね。

一人でじっくり散策をするも良し、皆でわいわいフォトスポットを巡るも良し、子供が楽しめる体験も満載の、素晴らしいテーマパークだと感じました!

大河ドラマでの撮影ポイントについては、園内の「ロケ資料館」で、作品とそのロケ地を確認することが出来ます。ロケ地探訪をする方は、時間に余裕をもって、まずはロケ資料館にて確認してみることをおすすめします!

機会があれば、是非是非!